いつもグループホーム アスカみずき
ホームページをご覧くださり、有難うございます
社会福祉法人みずき会の山田です。

以前にも少し触れましたが
アスカみずきⅠ、及び、アスカみずきⅡにおいての
平成29年度事業計画についてお話しさせて頂きます✎

kaigi_shifuku_brainstorming

社会福祉法人 みずき会
グループホーム アスカみずきⅠ
グループホーム アスカみずきⅡ
平成29年度 事業計画の運営方針

1.全職員参画型経営
2.ホスピタリティ
3.ワークエンゲイジメント
4.コーポレートガバナンス


以上を、平成29年度の運営方針として掲げます。

そして、以上の4点の中より
今回は、全職員参画型経営についてご紹介します。

アスカみずきでの全職員参画型経営(※一部抜粋)
アスカみずき事業計画、及び、各ユニットの事業計画において
全職員の意見を集約し、反映したものを目標設定としている。
全職員の意見を事業計画目標に反映することで
職員皆で作り上げる組織体を目指す。

②開設記念など2施設合同での企画内容を、入職歴や立場に関係なく
全職員からアイデアを公募し、全職員が運営に参加できるようにする。
法人本部と連携し、アイデア企画賞を設けることで、アイデア参加の
意欲向上にも繋げる。

③一人ひとりの職員が経営に目を向けるために、アメーバ経営の視点を取り入れる。
ユニットフロア部署ごとに、小グループ化して事業費の改善点を考える事で
無駄な部分がより具体的に見えるようにし、所属職員皆がコスト意識
持つことができるようにする。
また、小グループ化したユニットフロア部署ごとに
事業費(年間計画費用)の予算枠を設け、決められた予算内で
年間企画費の割り振りを職員皆で考え、所属職員皆が
自分達の手で経営を担う環境を作る。

etc…


全てをご紹介することができませんでしたが
全職員参画型経営をすすめることで
事業所長だけが経営意識を高く持つのではなく
全職員が経営者としての経営意識を持つことができるようにし
仕事に対する意欲を向上させることで
職員一人ひとりの生産性を向上させ、組織全体の活性化に繋げることを目指します。

アスカみずきは、ホームページをご覧いただいている皆様に
運営内容をオープンな形で、今後も発信していきたいと思います!!


事業計画とは
企業が自社の目標や、その目標の実現のための
方法・手順を示したものです。